SOLO EXHIBITION

 

rustle of the morning stars
by alexander sporre

may 6th, 2018

commune2nd
midori gallery
aoyama, tokyo

Please click here for the Facebook event link.

Press:

Hitspaper
IMAonline.jp

 

FB-event.png
 
下の日本語のテキスト
It's in these moments when the mind gives some slack on its control and through it the intuitive feelings of the heart erupt into consciousness. Intuition is felt as a vague presage, also called the inner voice. In moments when the mind is distracted it is easy to intuit the feelings and knowledge of the heart, to hear the rustle of the morning stars; the voice without words, meditation without thought, and sound without volume. In these moments you begin to get a sense of something but it still has an elusive quality to it. Do not think; feel intuitively.

- Vadim Zeland

 
BACK.jpg

Using photography we might not be able to define our sense of reality and time. But an photographic image can offer a getaway into parallel worlds which affords us an escape from the mundanity of every day life. At those times, viewers can be mentally triggered and question his or her everyday construct of reality. In these moments of heightened awareness, windows to the subconscious mind open up. Then, not only are we able to access our inner voice but also construct our own reality.

 

Alexander Sporre (Tokyo, April 2018)

 

In my photography I operate on the border of fiction and non-fiction as that is where I consider myself to be. A place where emotions and fragments of life collide into something almost tangible – but otherworldly. I consider my photos merely a byproduct of my search for reality. I find it often hard to connect words or themes to my photography in general, as it’s in the photos where words are made redundant.


日々の思考方法では見えないもの、聞こえないものに対して意識を向ける、若手写真家アレクサンダー・スポーレの写真展「RUSTLE OF THE MORING STARS」

 昨年の New Dutch Talent に選出されるなど近年注目を集めている、オランダの若手写真家アレクサンダー・スポーレの写真展「RUSTLE OF THE MORING STARS」が、5月6日 (日)に、MIDORI.so2 GALLERY にて開催される。

 日々の思考方法では見えないもの、聞こえないものに対して、意識を向けることをテーマとして掲げている今回の作品群は、黒の紙に黒インクで印刷され、少数のカラー作品との対比が美しい構成となっている。インクにも印刷紙にも多くの選択肢がある中、黒一色での表現を選択することは、限定的であり、それは多数の選択の余地がありながらも、制約を設けるという点で、私たちの日常的な思考と重なる部分があると言えるかもしれない。

 彼が日本に滞在した2ヶ月間で撮影したイメージが、2つの異なった印刷方法によって表現されることで、私たちの意識・無意識についても再確認させられる展示となるだろう。

 

現実世界や時間の概念を写真表現によって定義することは困難である。しかし、写真というものは別世界への入り口を提供し、そのことによっていつもと変わらない日常から逃避できる。その写真を見た人々は精神的に誘発され、日々の現実を構成するもの自体に疑問を抱くようになる。その時、潜在意識に通じる窓は開かれ、そのことに意識を向けるだけでなく、それぞれの日常を自分で構築することが出来るようになるのである。
―アレクサンダー・スポーレ

 

RUSTLE OF THE MORING STARS BY ALEXANDER SPORRE
会期 | 2018年5月6日(日)
会場 | MIDORI.so2 GALLERY
住所 | 〒107-0062 東京都港区南青山3-13 Commune 2nd
時間 | 14:00 – 22:00
主催 | Alexander Sporre, Pull the Wool

Pull the Wool
Pull the Woolは東京を拠点に置く出版レーベルです。2016年から若手アーティストと共にアートブックの制作を行っている
web | pullthewool55.com
instagram | @pull_the_wool
mail | pullthewool55@gmail.com